Notice: jetpack_enable_opengraph の使用はバージョン 2.0.3 から非推奨になっています ! 代わりに jetpack_enable_open_graph を使ってください。 in /virtual/id696g/public_html/blog.696.jp/wp-includes/functions.php on line 3831

フォントを一時的にインストールしたり管理に便利なNexusFont

///フォントを一時的にインストールしたり管理に便利なNexusFont

フォントを一時的にインストールしたり管理に便利なNexusFont

膨大な量のフォントをPCにインストールすると重くなったりもろもろありますので、一時的にフォントをインストールできたりする管理ソフトを愛用しているわけなのですが、最近長年使ってた「フォントインストーラーSAKURA」から「NexusFont」に乗り換えました。

フォントインストーラーSAKURA

フォントインストーラーSAKURA


NexusFont

NexusFont

XPの時から使っていた「フォントインストーラーSAKURA」ですが、Windows7に乗り換えてから、一時的にインストールしたいフォントにチェックを入れるとエラーが表示されるようになりました。↓こんな感じに
20141203_2
エラーは出るものの使用には問題ないのでそのまま使っていたのですが(そもそもチェックを入れなくてもインストールされてて使えるんですけども)、なんかなーと思っていたところに「NexusFont」を知り、試しに使ってみたらいい塩梅だったので乗り換えました。

なんとなく使い方メモ。
20141203_3
NexusFontを起動したらライブラリとかそこらへんで右クリックで グループに追加 をクリック。もともとあるグループをそのまま使っても、もちろんよし。
20141203_4
グループの名前を任意でつけます。
20141203_5
作成したグループをクリックして選んで右クリック。フォルダを追加 でフォントが入ってるフォルダ先を指定。すると、フォントが読み込まれて使えるようになります。
20141203_6
フォルダの削除は削除したいフォルダを選んで右クリック フォルダの除去 で削除できます。

なんとなくで乗り換えた感なのですが、NexusFontのほうがフォントを読み込む時間が早いように感じます。あとはデザインかなと。好みの問題ですがUIデザイン大事。使いたくなるデザインってやはりあると思いますんじゃ。

Comments
By | 2014-12-03T15:34:04+00:00 12月 3rd, 2014|memo, txt|0 Comments

コメントを残す

Shares