Notice: jetpack_enable_opengraph の使用はバージョン 2.0.3 から非推奨になっています ! 代わりに jetpack_enable_open_graph を使ってください。 in /virtual/id696g/public_html/blog.696.jp/wp-includes/functions.php on line 3831

PHPでiPhone・iPad・Androidのユーザーエージェントを取得して振り分けるには

///PHPでiPhone・iPad・Androidのユーザーエージェントを取得して振り分けるには

PHPでiPhone・iPad・Androidのユーザーエージェントを取得して振り分けるには

ちょっとやりたいことがあって、プログラマさんに聞いてみたところ、「PHPでやればいいんじゃね?」と助言を頂いたので調べてみてやってみました。PHPはずぶの素人すぎてかなり間違った書き方してると思うけど備考録を…(また使うかもしれないし)。

何がやりたいのかというと、htmlの記述で、特定の部分をiPhoneやAndroidの端末で表示しないようにしたくてですね。

使いたいjQueryファイルがあって、それを使うとPCの閲覧は問題ないんですが、iPhoneなどで見ると(おそらくそのjQueryファイルのせいで)表示が崩れちゃうっていうのが発生しまして。レスポンシブで作ってるサイトなのですが、そのjQueryファイル使うと、display:clearが効かなくなっちゃって、本来非表示にしてるはずの要素が丸見えに…。なんでだ…(;´Д`)ヒー

なので、そのjQueryの記述をPCで閲覧してる時だけ表示して、それ以外の時は非表示にしたいと。

で調べた結果がこれ。

応用というか、Android、iPhone・iPadでそれぞれ別の内容を表示する書き方はこんな感じ。

動いてるので、いいんだろう、多分…。勉強しねーと駄目よな…。

参考サイト:ユーザーエージェントによってPCとスマートフォン(iPhone / Android)を振り分ける方法いろいろ(PHP / JavaScript / .htaccess等) | HTML5 – CSS3 mag

Comments
By | 2014-03-11T14:49:38+00:00 12月 17th, 2013|memo, txt|0 Comments

コメントを残す

Shares