Photoshopの「スマートオブジェクトに変換」のショートカット

最近は印刷物も手がける機会が多く、しかもPhotoshopでデータ作って入稿するような形が多いもので、スマートオブジェクト使う率高いので、スマートオブジェクトに変換のショートカットって…なんだっけ…そもそもあるんだっけ…と思いググってみたところ…。
デフォルトでは無いんですね、ショートカット。ちょっとびっくり。

じゃぁ、設定すればいいんじゃん?ってなわけですが…。使いやすいように設定するとなるとちょっと迷うわけです。
で。ネ申記事見つけので参考にさせていただきました。-> http://webnaut.jp/design/585.html

っていうか、.kysファイルって知らなかったんですけど…!めっちゃ便利じゃないですか…!
参考サイトさんでは、Mac環境の.kysファイルとのことですが、Windows環境(Windows7・CS6)でも普通に使えました:D
あとはデフォのショートカットが若干変わってしまうところもありますが、神速に近づいた気がします…😁

photoshopで開かないJPEG画像を開く方法

photoshopで開かないJPEG画像を開く方法
こんなことが最近発生したのでメモ。
拡張子をpngにすると開く事が出来るのか…。

以下引用

受け取った画像がJPEGなのに、「要求された操作を完了できません。不明又は無効なJPFGマーカーが見つかりました。」というアラートが出て開かないことが、たまにあります。Winユーザーの方がHighMAT方式で焼いてしまったCD-Rが典型的です。GraphicConverterやwebブラウザだと開くのに、加工ができない!大変困りますね。もう一回送り直してもらうのが一番いいですが、時間的に間に合わないこともあります。

こんなときは、拡張子を「.jpg」から「.png」に変えてみます。HighMAT方式では、実は画像はJPEGではなく、PNGなんだそうです。詳細は以下サイトに↓

http://jinen.exblog.jp/7660485/

拡張子を変えたらphotoshopで開き、開いたら別名で保存しなおします。これでとりあえず解決。

写真の印象を一気に激変させて美しくするPhotoshopのお役立ちアクション61種類

写真の印象を一気に激変させて美しくするPhotoshopのお役立ちアクション61種類
これはお便利!写真の加工が楽に出来ます。あと、これだけあると楽しいですね。