Notice: jetpack_enable_opengraph の使用はバージョン 2.0.3 から非推奨になっています! 代わりに jetpack_enable_open_graph を使ってください。 in /virtual/id696g/public_html/blog.696.jp/wp-includes/functions.php on line 3831

diary_20100320-22

Home/photo, txt/diary_20100320-22

diary_20100320-22

diary_20100320_1
記憶が新鮮なうちに。

3/20-3/22まで東京都内をフラフラスキップ(by.cali≠gari)してきました。




3/20
御名残三月大歌舞伎 第三部 を観劇に行きました。
以下演目。

十三代目片岡仁左衛門十七回忌
十四代目守田勘弥三十七回忌 追善狂言
菅原伝授手習鑑 道明寺

文珠菩薩花石橋 石橋

歌舞伎を生で観るのは、実は初めてで。テレビでは鑑賞してたんですが。
一度昨年の6月くらいに突発的に歌舞伎座行ってみたんだけど、幕見取れなくて観れなかったっていうおもひで。

今回は大好きな片岡仁左衛門さんが観られて本当に感激でした。
花道に近い席だったので、本当にすぐそこに仁左衛門!っていうか孝夫ッ!っていう。素敵過ぎた・・・。
(片岡孝夫時代の眠り狂四郎が大好きなため、片岡孝夫さん、と思ってしまう)

どこからどうみても、完璧にイケメンです。どういうことなのイケメンすぎる。>孝夫

幕が開いて鳥肌。坂東玉三郎さんの強烈な存在感に鳥肌。さらに片岡仁左衛門さんに鳥肌。もっと早く通っておけば!なんて後悔。
観るのに緊張しすぎて肩がこりました。そして、感激しすぎて涙でてきて、ちょっと視界がぼんやりしてたな。

本当に今回観ることが出来て良かったです。あんな良い席が空いてたことも奇跡。思し召しだったに違いない。
あっという間でした。歌舞伎座の中もぐるぐるしてきました。飾ってある絵も格好良いものばかり。本当に良い所だね。
立て替え勿体無い。


3/21
恵比寿の写真展を見に・・・行こうと思ったら山手線人身とか。
あきらめて上野に早めに行き、アメ横ふらふら。
学生時代の友人と待ち合わせて、

東京国立博物館
没後400年 特別展 長谷川等伯

を見に行きました。絵見るのに30分待ちとか初めて。

人多すぎて見るのに疲れました。あと国宝オーラに。
正直その後に行った本館の浮世絵のほうが面白かったです。そういうこともあるよねー。
その後ご飯。一緒に展やろうべ、っつってそんな楽しい話をしてきました。


3/22
帰路に。

こんな感じで連休満喫しました。楽しい時間て過ぎるの早すぎるな。

Comments
By | 2010-10-27T21:10:04+00:00 3月 24th, 2010|photo, txt|0 Comments

コメントを残す

Shares